放射線防護マネジメントシステムについて

放射線防護マネジメント

放射線防護マネジメントシステムは、​​国際規格ISO45001や国内の労働安全衛生マネジメントシステム文章を応用した形で構築しています。​​

放射線防護マネジメントシステムを用いることで、放射線被ばくを適切に管理できる組織を構築することが可能になります。

放射線防護マネジメントシステムの4つの特徴

病院長をトップとした組織体系​​を構築

今までの医療施設における放射線管理体制は、放射線科医師や診療放射線技師がトップで、トップが責任を取らないシステムでした。

​​放射線防護マネジメントシステムは労働安全衛生委員会の小委員会する事で病院長がトップで権限と責任を行使します。

後述になりますが病院長の業務は増えません。​​

リスクアセスメント​​

医療安全分野や産業界では当たり前でしたが放射線被ばくの分野には皆無だった考え方です。​​これをする事で、ヒト・モノ・カネ・情報の選択と集中ができるようになります。​​

PDCAサイクルの自動化

​​人生何事においてもPDCAは大事ですが、放射線被ばくの分野には皆無だった考え方です。​​ハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチの年間目標を決めて、3ヶ月ごとに振り返りながら目標到達するようにしました。​​

また、様々な研究の成果を取り入れる(最適解を取り入れる)や法改正があればその都度取り入れるようにしています。

​​手順化・明文化・記録化

放射線防護マネジメントシステムは、トータルマネジメントシステムなので、文章による明文化や記録化を行い、被ばく管理方法や放射線防護方法を手順化しています。

​​これによって、事務員でもマネジメントシステムを回すことができるので、院長や医療従事者の業務が増えることはありません。

令和2 年度厚生労働省委託事業 放射線被ばく管理に関する労働安全衛生マネジメントシステム導入支援事業

電離放射線による労働者の健康障害防止を目的とする電離放射線障害予防規定が令和3年4月1日に改正施行され、眼の水晶体等価線量限度が従来の法令の150 mSvから20 mSvに大幅に引き下げられます。

そこで労働者の健康を守るために放射線被ばく管理に関する労働安全衛生マネジメントシステム導入が勧められています

放射線被ばく管理に関する労働安全衛生MS 導入支援特設ウェブ |

令和2 年度厚生労働省委託事業 放射線被ばく管理に関する労働安全衛生マネジメントシステム導入支援事業

放射線被ばく管理に関する労働安全衛生マネジメントシステムを導入するためには、眼の水晶体が受ける被ばく線量を低減するための器具の購入が必要不可欠です。

そこで経費に対する補助金事業の紹介です。

放射線被ばく管理に関する労働安全衛生MS 導入支援特設ウェブ |

コメント

タイトルとURLをコピーしました